お問い合わせはこちら

シューズ

洋服をきれいに着こなしてファッションセンスがよさそうに見える人でも、本当にファッションセンスが良いかどうかは靴を見ればわかるといわれるほど、ファッションにとって靴というのは重要なポイントを締めています。
ファッションセンスが良い人の靴というのは、いくつかのポイントがあって、それを上手に押さえて履きこなしているように見えます。では、靴をファッションの一部として上手に履きこなすためのポイントとは、いったいどのようなものでしょうか。まず大事なポイントとして挙げられるのが、服と靴の色の明度を合わせるということがあります。最も簡単な靴をファッションセンス良く履きこなすには、服の色と靴の色を合わせるということです。でも、たった1色の洋服と小物だけでファッションを決めるということはほぼありえませんし、また1色にまとまっているファッションというにもつまらないものです。そこで大切なポイントとなるのが、明度です。つまり、明るい洋服の色には明るい色の靴を履くと、ファッションセンスが良くまとまって見えるようになります。逆に暗い濃い色の靴を履くなら、洋服も明るめのものではなく落ち着いた色使いの洋服を選ぶと、全体的に落ち着いた自然なファッションに見えるようになります。

そして2つ目の靴を上手に履きこなすポイントというと、小物の色と靴の色で全体のバランスをとるというものです。これは、洋服を全体的に暗い落ち着いた色にして、靴も落ち着いたくらい感じにしてしまうと、全体的にイメージが暗く重いものになってしまい、まとまりはあるもののファッションとしてはあまり好感が持てないものになってしまう場合に使います。具体的には、洋服には暗めの落ち着いた色を使ったら、バッグやアクセサリーなどの小物に明るめの色使いがされているものを選び、それと同系色で明るめの靴を履くというものです。すると、ファッションとしてのまとまりがあるだけでなく、全体の感じも明るく見え、小物や靴がファッションセンス良く引き立てられます。もう少しファッションに高度な人になると、わざと靴の色を変えてみたり、靴の種類を目立つものに代えてみたりする方もいらっしゃいますが、それはなかなか高度な業になりますので、まだまだおしゃれファッションの入り口だわという方は、無難に、洋服と明度をそろえるか、小物と色調や明度をそろえるという方法ととっておいたほうがよいでしょう。

また、男性にとって靴は、非常に面倒くさいといわれるところでもあります。毎日ビジネススーツを着ている男性サラリーマンの方にとっては特に、いつもの履きなれたビジネスシューズを履いていれば、上手にファッションをコーディネイトできていると思われがちになっていますが、ビジネスシューズもファッションセンスが問われているポイントです。いくつかのファッションブランドの靴を履き分けてみると、よくわかることと思います。また男性の場合は、プライベートではスニーカーを履くことが多い傾向にあります。特にadidasやNikeといったファッションブランドは、男性に高い人気を誇っています。形がよく、それぞれのファッションブランドのロゴマークが格好良く入っているということが、それらのファッションブランドの特徴でしょう。
女性に好まれる靴のファッションブランドとしては、ビジネスではダイアナや卑弥呼、マークジェイコブス、ツモリチサトなどが多く好まれています。またプライベートでは、人気のランキングというよりも数多くあるファッションブランドから、シュチエーションによって使い分けるということが普通です。例えばVia madrasやパラディクルール、ビジュウドメイ、Marie femmeといったブランドでしょうか。

「おしゃれは足元から」ですから、お出かけ前にパパパと靴を決めるのではなく、洋服選びと同じくらいファッションポイントとして時間をかけて選びたいものですね。

check

口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

最終更新日:2017/10/11