お問い合わせはこちら

紳士服

毎日着ていて、同じような形、同じようなスタイルに見える紳士服ですが、どのように着こなすかによってその人のファッションセンスもわかるくらい、実は紳士服は面白いものです。例えば、値段の高い高級な紳士服を身についていても、嫌味なファッションにしか見えない方もいらっしゃれば、自然に格好良く見える方もいらっしゃいます。そこには、ファッションスタイルとして紳士服を自分にあったように上手に着こなしているかどうかが影響しています。

まず、紳士服の中でも最も重要なポイントを占めるものは、何といってもスーツです。紳士服=スーツと思っていらっしゃる方も大勢いるのではないでしょうか。紳士服は、男性の洋服一般を指しているので、ワイシャツやネクタイ、ハンカチなども紳士服の一部になります。さて、そのスーツですが、スーツを格好良いファッションとして着るには、まず生地選びから始まります。春夏物か、秋冬物かということはもちろん、生地の打ち込み具合や風合い、色目が大切です。この生地選びにしても、次のステップである形選びにしても、重要なポイントとしてどのようなスーツを購入しようと思っているかということがあります。自分の好みのファッションとして選んでいくと、似たようなスーツばかりになってしまいますので、自分の持っているスーツ全体を考えてみて、今まで持っていないものを買いたいのか、今までと似たようなものを買いたいのか、自分のファッション全体から生地や形を選択することが大切です。生地が決まったら、次は形選びです。スーツには大きく分けて、3つのスタイルがあります。それは、ブリティッシュスタイル、イタリアンスタイル、アメリカンスタイルの3つです。現在主流の形というとブリティッシュスタイルで、ウエストラインを絞り込んだ形となっています。またイタリアンスタイルはブリティッシュスタイルよりもウエストラインが絞り込まれていて、肩幅も自分の肩幅にぴったりになっているものです。逆にアメリカンスタイルでは、動きやすさを追求した結果ナチュラルショルダーで絞込みのないウエストラインとなっています。ファッションとして格好良いと思われているのはイタリアンスタイルとなっているようですが、イタリアンスタイルは着る方の体型によっては、格好良くなくなってしまいます。自分体型や骨格、どのような仕事内容かなどを考えた上で、ファッション性も考慮し、選択するとよいでしょう。

この、自分の体型に合うスーツを選ぶということは、スーツのファッションの上ではとても重要です。自分の体型に合わないスーツは、いくらスーツの形が格好良くても、ファッションとしてだめになってしまいます。自分の体型に合うスーツとは、具体的には、わきの下に手を入れて多少きつく感じるくらい、二枚の鏡で後姿を見てみたときに襟が首にそってきれいにカーブしているように見えるくらい、上着のボタンを留めたままいすに座って靴紐を結んだ時に背中の丸みにスーツがフィットしているくらい、両手を挙げたときにスムーズに上がるくらい、といわれています。このように自分の体型にフィットしているなら、スタイルがどのようなものであっても、ファッションとしておしゃれに見えることでしょう。

その他、ワイシャツとネクタイの選び方や、合わせ方など、紳士服をファッションセンスよく着こなすには、いくつものポイントがあります。ワイシャツとネクタイの色調を合わせたり、ネクタイの柄とワイシャツのカラーを合わせたりするのも重要です。ココが暗くなるか明るくなるかで、その人のイメージも明るいか暗いかが決まってしまいますから、特に初対面のイメージが重要な営業職に方などにとっては、紳士服をいかにファッションセンスよく着るかが仕事の上でも重要になってくることでしょう。毎日着るものだからこそ、格好良く、ファッションセンスよく着こなしたいものです。 女性から常に絶大な支持を得ているのがワンピです。オズモーシスなど、ワンピはとても流行のサイクルが早いアイテムでもあり、同じ年の夏と秋では流行のタイプが違う、というのはよくあることです。また、ワンピには帽子やハイウエストのベルトなど、雰囲気をガラリと変えることができる小物も多くあります。ベルトは売れ筋の商品だそうです。このような流行に敏感な若者は通販をとても活用するようで、帽子や靴などを購入する際には通販も検討のひとつだそうです。

Favorite

人気フォトスタジオ一挙紹介!東京のこども写真館おすすめランキング!

2018/3/27 更新